最新ニュース

ヨーグルトやサプリで善玉菌を摂取しても効果を感じない理由

 

今世界中で、腸を整えることが大ブームになっています。

腸が人間の健康はもちろん、心や脳の働きにも関わっている研究結果が、次々と発表されているためです。

スーパーに行くと、「機能性ヨーグルト」の名の下で、乳酸菌や、

ビフィズス菌等が入ったヨーグルトがたくさん売られています。

そしてサプリでも同じように、整腸作用やそれに伴うダイエット効果が謳われ、

乳酸菌等の善玉菌の摂取を目的としたサプリが売られています。

そして、セールス文句として、「生きて腸まで届く」がよく使われているので、

菌体成分が生きて腸に届くから健康に良いのだと思う人も多いでしょう。

これを信じて、ヨーグルトなどの乳酸菌製品を毎日飲んでいると、

健康に良いどころか、逆に健康を害することもあります。

腸内環境改善をしようと、乳酸菌商品や、サプリを飲んでもなぜ効果を実感できないのかを説明します。

 

善玉菌は生きて腸に届くことも、腸内に定着することも無い

 

ご存知のように、人の腸内には、およそ1000兆個もの腸内細菌が生息をしています。

そして、腸内環境を改善するには、悪玉菌の数を減らし、

善玉菌優位の環境にする必要があります。

ヨーグルトを食べることで、この善玉菌が増えると勘違いをしますが、そうではありません。

ほとんどの菌は腸の中に届くまでに、胃酸により死んでしまいます。

また、腸の中に菌が生きて届いたとして、それが腸の中に定着することは無く、

そのまま体外に排出されてしまいます。また、日本人は、

乳製品に含まれる乳糖を分解できる酵素を持たない人の割合が高いと言われます。

このように体質的に合わないと、アレルギー反応を起こしたり、

毎日飲むことで、常にお腹を下している状態になってしまうことにもなります。

 

 

 

 

プロバイオティクスやプレバイオティクスでは限界がある

 

ヨーグルトやサプリメントで、ビフィズス菌や乳酸菌等の、

体に良い影響を与える微生物(善玉菌)を摂取することで、

腸内環境を整えるという考え方を「プロバイオティクス」と言います。

また、オリゴ糖や、食物繊維などの善玉菌のエサとなる物質を摂取することで、

腸内環境の改善を目指すことを、「プレバイオティクス」と言います。

しかし、上でお話ししたように、善玉菌のほとんどは体外に排出され、

腸内に定着することもありません。

また、中高年以降、悪玉菌の数は急激に増えはじめ、

高齢者では善玉菌の数は非常に少なくなります。

このように、加齢や食生活の影響により腸内環境は悪化し、

ヨーグルトなどで、善玉菌のエサとなる物質をいくら与えても、

ただ外に排出されるだけになります。

それこそ、腸内環境を改善するためには、

毎日何リットルものヨーグルトを飲む必要が出てくるのです。

プロバイオティクスやプレバイオティクスでは、

腸内環境を改善させることで間接的に働くだけになり、限界があるのです。

 

疾病に直接作用するバイオジェニックス

 

「バイオジェニックス」は、これまでのプロバイオティクスやプレバイオティクスと違い、

腸内環境を改善させるだけでなく、腸内から免疫細胞を活性化し、体全体の機能を高めてくれます。

疾病に直接働きかけるとともに、疾病予防・抗アレルギー、血圧降下や血糖値低下作用などの疾病回復・老化抑制まで、

生体全体の保健効果を発揮します。

バイオジェニックスの考えは、腸内細菌研究の第一人者である東京大学名誉教授の

光岡知足先生によって提唱されました。

腸内細菌の乳酸菌等の善玉菌は、腸内で乳酸菌生産物質を作り出します。

この善玉菌が作る乳酸菌生産物質こそ、免疫に作用し、人が健康を維持する上で不可欠な物質です。

しかし、既にお話ししたように、現代人の食生活の乱れやストレス、

されに加齢により腸内フローラは衰えています。

そこに、いくらヨーグルトやサプリで善玉菌を摂取しても、ほとんどは体外に排出され、

腸内に定着することもありません。

そのため、善玉菌を摂取するより、外から乳酸菌生産物質を補うことの方が、はるかに効果的なのです。

 

 

まとめ

 

「生きたまま腸に届く」ということは、ほとんどの菌は、生きたまま腸に届かないと言うことです。

菌は胃酸により死んでしまいますし、菌が腸に住み着くことも無く、そのまま体外に排出されてしまいます。

ヨーグルやサプリメントで、乳酸菌等の善玉菌や、そのエサとなるオリゴ糖などの物質を摂取するだけの、

プロバイオティクスやプレバイオティクスでは、限定的な健康効果しか望めません。

そこで登場したのが、バイオジェニックスです。これは、善玉菌が作る、人が健康を維持するのに不可欠な、

乳酸菌生産物質を外から補うものです。

腸内フローラは加齢や生活習慣により衰えますが、そのような腸のコンディションに左右されることもありません。

免疫機能を活発化し、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする事が、

研究で裏付けられている画期的なものです。

ベアフル酵素には免疫活性化作用を持つ、乳酸菌等の菌体成分が含まれており、

多くの方に効果を実感して頂いております。

アクセスランキング